2007年03月12日

モチベーションをUPさせる独自の 「口グセ」

世の中にいわゆる”成功者”と
いわれる人はたくさんいますね。


その人たちの共通点のひとつに
モチベーションをUPさせる独自の
「口グセ」というのもあります。

「口グセ」

なりたい自分をイメージするとも
いいますが、
自分にとって良い言葉をたくさん使うと、
言葉それ自体の意味や影響力によって
脳が刺激されます。

肯定的な言葉は脳の快感ホルモンを刺激し
否定的な言葉はストレスホルモンを刺激します。

「お金がない」とか
「あの人より劣ってる」
などの否定的な感情も
だいたいが思い込みですね。

絶対的な根拠はないのです。
でも、人生ほとんどその都度の”思い込み”に
支配されてるともいえます。

だからいい「口グセ」です。

他の人と比べる訳でもなく
「こうありたい自分」を
積極的にイメージするのが
成功の秘訣ですね。



かの本田技研工業創業者 本田 宗一郎さん

「F1で絶対グランプリをとる」
「俺はレースに出たら絶対負けない。
なぜなら、勝つまでやり通すからだ」

はじめの二輪車の生産を始めた
時期から言っていたそうです。

ノーベル物理学賞受賞者 小柴 昌俊さん

「やれば、できる!」

エイチ・アイ・エス代表取締役 澤田 秀雄さん

「いいぞ、いいぞ」

「たとえ悪くても”いいぞ、いいぞ”と考え、
口にしているとだんだん良くなっていく。
そういう力を人間はもっています。
その力を信じることです。
だから、悪いとき、失敗したとき、
問題が生じたときほど、明るく考えるように
したい。それがよくいわれプラス思考です」

ともいってます。

共通しているのは、目的に到達するまで
強い情熱と願望をもち決して諦めてない
というところですね。
諦めないという行為も才能なんですね。


何でも肯定して考えるというのも
大事ですね。

斉藤一人さんの「ツイてる!」
これも奥が深いです。
posted by せなぞう at 12:42| 考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。