2008年01月10日

小さなタブーを捨ててみる。

お金の話をできない人がたくさんいます。
お金の話をすることは、
はしたないという思い込みがあります。


堂々と話ができないという時点で、
すでに狭い自分の殻の中に閉じこもってる
ことになるので、楽しい話ができません。


陰陽師の安部晴明は星のマークを書いて、
その中に悪霊が入ってこれないようにします。
「結界」という世界です。


しかし、悪いものが入ってこれないということは、
自分もそこから出られないということ。


思い込みは自分の周りに結界を作ること。


たとえば、会議で発言できない・・・
今こんな発言したらバカにされる(汗)


でも言ってみる。
自分が情けないと思っても言ってみる。


そうすると言葉の呪縛から逃れられます。


自分を縛っているのは、自分自身。
タブーをなくすというのは、
今持っているモノを捨てること。
捨てるということは積み減らすこと。


捨てることで新しいモノを得られるんですね。

posted by せなぞう at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。