2007年03月26日

「お金がないから、できない」

お金って大事です。


「お金がないから、できない」

と感じていたら、ほとんどの場合、
それはお金が問題でないことが多いようです。


人生には、いろいろな問題が起こります。
お金は人生の局面に顔を出すので、一見すると
お金の問題のように見えるかもしれません。

「お金がなくて留学できない」といった学生がいました。

けれども留学したいと心から願うならば、
奨学金をもらうという方法もありますし、
お金持ちに頼み込んでお金を出してもらったという知人も、
実際にいます。お金がないのが問題なのではなく、
その問題をクリアしようとする熱意、
クリエイティビティーがないのが本当の問題なのです。


また、
「時間が無いから出来ない」といういい訳も同じですね。
この類の言い訳をしているうちは、時間・お金があったところで
ろくな使い方をしない。 経験談(笑)

言い訳をする前に、どうしたら出来るかにパワーを
使うのも問題突破のカギですね。

お金の奴隷・時間の奴隷にならない第一歩でもあります。

「時は金なり」 time is money
よくいわれることですが、

同じ一日で一万円稼ぐ人も、十万円稼ぐ人も
いますが、一日という時間はみな同じです。

稼ぐお金は増やせても24時間という時間は増やせない。

うまく使っていきたいものですね。
posted by せなぞう at 20:15| お金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

生き金とはすべての人を幸せにするお金

「生き金を使う」  よく聞く言葉ですが
人によって意味は違ってきますね。

生き金とはすべての人を幸せにするお金

本田 健 「きっとよくなる!」より

自分を喜ばせるだけや
相手に喜んでもらうだけでは
不十分だといってます。

”自分だけでなく、お金を払う相手、関係者すべての
人が幸せになるようなお金の払い方を
するということです”

ぅ〜ん、壮大な話だ。

お金と健康的につきあいたいなら、
「お金は人を幸せにするパートナーだ」と
考える、
お金を使うときに、自分自身に聞いてみる。

このお金の使い方は
「自分を幸せにするのか?」
「お金を渡す相手を幸せにするのか?」
「社会全体を幸せにするのか?」

この質問の答えがどれもイエスなら、
そのお金は、すべての人の幸せに
かなっているということです。

”お金を自分のためだけに使っている
というのは、お金と不健康な
つきあい方をしている”

とも指摘しています。
posted by せなぞう at 11:52| お金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。